AGAの遠隔診療

AGAとは

AGAとはAGAとは、男性型脱毛症、つまり男性特有の脱毛症のことです。早い方で思春期頃から、額の生え際、頭頂部の髪の密度が低くなり、徐々に進行していきます。
AGAにおける抜け毛の原因は、DHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる物質や遺伝にあると言われています。国内、そして世界中で多くの方が悩まれている一方、なかなか有効な解決方法が見つからず、民間療法などにも頼ってみたものの、諦められるケースも多いのも現状です。
プロペシアは、DHTの産生を抑える効果があり、世界60以上の国々で承認された、飲むタイプのお薬です。
1日1回の服用を半年から1年程度継続していただいた患者様の多くに、発毛効果をご実感いただいております。また、服用開始から3年後には、約78%の方にAGA治療薬による改善が見られたとの嬉しい結果報告もされています。
当院では、患者様のご希望や症状に合わせて、「プロペシア」「ザガーロ」「フィナステリド」の3種類からAGA治療薬を選んでいただけます。
AGAでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

AGA度をセルフチェック

AGA度をセルフチェック以下は、AGAになりやすい方の特徴です。該当する方、お心当たりのある方はご相談ください。

  • 家族に髪の薄い人がいる(両親、祖父母)。
  • 抜け毛が気になる、抜け毛の量が多い。
  • 思春期頃から抜け毛が増え、徐々に薄毛が進行している。
  • 額の生え際が薄くなった、後退してきた。
  • 頭頂部の髪が薄くなってきた。
  • 額の生え際、頭頂部の両方の髪が薄くなってきた。
  • 細く短い産毛が増え、ハリ、コシがなくなったように感じる。

AGA治療薬

プロペシア

プロペシアは、AGAの進行を抑制するための、飲むタイプの発毛剤です。
含有成分「フィナステリド」が髪の成長を止める原因物質(DHT)の作用を抑え、抜け毛を防ぎながら、同時に発毛を促します。
1日1錠を毎日、半年程度継続して服用していただきます。

ザガーロ

AGA発症の原因となる物質「DHT」の作用を抑制するプロペシアに対し、「ザガーロ」はより多くの酵素を阻害します。プロペシアと比べても、より高い発毛効果が期待できるAGA治療薬とも言えます。
プロペシアで十分な効果が現れなかった方でも、ザガーロの服用によってさらに高い発毛効果が期待できます。
1日1錠を毎日、半年程度継続して服用していただきます。

フィナステリド

フィナステリドは、「2型5αリダクターゼ」の働きを邪魔することで、AGAの原因物質「DHT」の量を減少させることのできる治療薬です。
DHTの減少で、髪の成長が正常化され、AGAの症状の改善効果が期待できます。
1日1錠を毎日、半年程度継続して服用していただきます。

TEL:06-6776-8966PCでもスマホでも簡単 仮予約はこちら遠隔診療ご希望の方はこちら
一番上に戻る